プラチナ*えっちゃんとは?

   クローバー日記

etsuko

『ザ ワークスカフェ』初代オーナー(2004~2010)

カフェを立ち上げた時に「レイキマスター」になるなんて・・

スピリチュアルの世界に飛び込むなんて・・

まさか・・思いも寄らないことでした。。。

当時の私のbringbring想いbringbringは現在の私と繋がっていて・・今も繋がっています。

切り離すことが出来ませんのでここに残しておきたいと思います。

                             ~thankful~
 
かつての私は、ジャンクフードばかり食べていた少女時代を経て、
過食、拒食を繰り返し、ひどい食生活を送っていました。
その後結婚をし、産まれた娘がアトピーになったことで
それまでの生活がガラリと変わりました。
食生活の見直し、掃除の徹底など、「なんとかしてあげたい!」
と一生懸命でした。夜になるとかゆがって眠れない娘。
自営業でフルタイムで働かなくてはいけない
私にとって「夜」は恐怖でした。
突然動悸が激しくなり、心臓の検査を受けたこともありました。
あれがいい、これがいい、という情報に振りまわされ、本当に
色々なことをしましたし、お金も使いました。
家族で富士山に水を汲みに行ったこともいい思い出です。
アトピーの子供は母親の身体の悪いものを
全部引き受けて産まれてくるという話を聞いて
過去に身体を痛めつけてきたことを後悔しました。
私に出来ることは、娘に愛情をかけた手料理を食べさせること
それに尽きました。
身体は簡単には変わらない・・・ゆっくり、ゆっくり。
いつか娘が結婚し、そして妊娠した時、健康な子供が産まれるように・・・
そんなつき合い方をしています。
ザ ワークスカフェのトレードマークは、幸せを運ぶ四つ葉のクロ
ーバー。
何よりの幸せである家族の笑顔、健康を大切にし、未来の子
供達が健やかに暮らせる様に、「食育」を伝えるメッセンジャー
であり続けたいと思います。

 

bringbringる~るるるえっちゃんからプラチナ*えっちゃんへの転換期bringbring

忘れもしない2007年5月・・・シャワーを浴びている時に・・金粉の流星群が。。
夢かと思っていたら・・次の日から、手のひらから金粉が出始めお客様に見せていたら・・・

金粉がプラチナに変わり・・・人から人へと伝染するようになるbringbring

「ミラクルミラクルる~るるる」魔法の呪文が降りてきて、店内でお客様におまじないをかけるようになる。クチコミが評判を呼び遠方からもお客様がお店に訪れるようになるbringbring

bringbring不思議な手について調べ始め 「レイキ」と出会うbringbring

2007年12月に 西洋で広まったシンプルなレイキに、臼井甕男先生伝来の伝統技法と精神修養法を土居裕先生が統合した「現代レイキ」のレイキマスターとなりました。

「ザ ワークスカフェ」での大事な宝物は「クローバー日記」「メデイアインフォメーション」にてご覧いただけます。

2010年5月末、ザ ワークスカフェを卒業し、現在経営は弟夫婦が引き継いでくれています。

2010年6月2日より千葉県松戸市の自宅にて「bring*bring」オープンbringbring